糖尿病の食事はとにかくバランス良くすることが大事だ!

食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいますよね。食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が満たされたりするからです。仕事で時間が取れなくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂って下さい。糖質が多くふくまれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。その食品交換表で私立ちが日々摂取している食品を見てみると、その内最も多い栄養素を基に、6つの表を造り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして記載していますよね。食品交換表を活用することで、日々の献立づくりの幅が広がります。人は年齢と共に筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。とりわけ食事の後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。野菜から先に食べる食事法です。食物繊維を豊富にふくむゴボウやキャベツといった野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。また、食事や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体の中に吸収されるのを緩和します。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、何かと病状悪化の原因となりやがて合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)を引き起こす要因となります。適さない食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、食生活の改善なくして治療は行なえません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)を防ぐこと、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいますよね。普段わたし立ちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっていますよね。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと作用について調べる新しい研究分野です。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「何と無く食生活改善の必要性は感じるけど、実行出来ていない、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかも知れません。大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、意識して生活の改善をはかることはめずらしいことです。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、だんだんと自覚症状も出てきます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病予備軍の段階から見うけられます。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされていますよね。毎日3食バランスよく食べて、食事の量を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食と食事の摂り方に注意しましょう」と、指導していますよね。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食品持たくさん摂りましょう。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、健康的な心とからだを保ち、充実した人生をおくるようにすることです。イロイロな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病に追随するその他の病症(合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)や動脈硬化症など)も回避できます。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと想像している患者さんが多数だではないでしょうかよね。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」といっても特別なメニューがある訳ではなくて、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを工夫しながら実践することが目的です。もともと食事療法の目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひともふくめみなさんが考えないといけないことなのです。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っていますよね。日常的に、カロリーなどを頭に入れておくとよいだと言えます。一方、薬物療法をうけている患者さんの場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、条件次第では低血糖を誘発する恐れがあるので留意して下さい。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにして下さい。こちらもおすすめ⇒糖尿病食 宅配 口コミ