脂質制限食は作るより宅配弁当の方が楽ができるよ!

一日3回の脂質制限食の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。時間を割いて脂質制限食をゆっくり摂るために、20分は必要です。脂質制限食に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。どんなに忙しくても、短時間での脂質制限食摂取は回避しましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますから、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂って下さい。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。また、薬物療法をうけている患者さんの場合は、適切なタイミングで食べものを摂らないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。季節の変化を取り入れた献立創りや、外食の仕方を上手く取り入れながら、脂質制限食療法を上手に活用して下さい。インスリンの作用は年齢と共に低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。脂質制限食のとき、先に野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)から食べる脂質制限食法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。脂質制限食や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。日本人の5人に1人は罹るといわれている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。自覚症状のない病気の場合は、考えを改めることはナカナカできません。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、病状が顕著になり始めます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの分泌量の変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな脂質制限食」の目安です。一日三度の脂質制限食をバランスよく摂り、脂質制限食は少なめにすることが重要です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。脂質制限を意識して「バランスのとれた外食と脂質制限食の摂り方に注意しましょう」と、推奨しています。「緩やかな脂質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、病気に縛られない普段の生活や実り多き時間を過ごすことです。脂質制限食療法を始めとした治療が適切に行なわれれば、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。なかでも、毎日の脂質制限食や生活スタイルが深く関わり最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。始めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが脂質制限食療法です。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」に大聞く左右されます。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、脂質制限食のリズムと機能性がもたらす作用について考える新しい研究分野です。糖尿病というと、制限された脂質制限食と考える患者さんがほとんどかも知れません。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられる食品はたくさんあります。「脂質制限食療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。根本的な脂質制限食療法の考えは、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。多種さまざまな栄養素を適量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な脂質制限食です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい脂質制限食を摂取するために参考になるのが、「糖尿病脂質制限食療法のための食品交換表」です。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を掲さいしていますが、その基準は1単位80kcalです。そうした食品交換表を参考にすることで、料理の種類も豊富になります。
続きはこちら⇒脂質制限食 宅配